TOP

サイトマップ

 

平成28年7月29日
 第96回代議員会・第146回理事会が開催されました。
 詳細につきましては、下記PDFをご覧ください。
基金からのお知らせ No.101

平成28年5月31日
 当基金は厚生年金保険法の改正に伴い、平成28年11月の基金解散と後継制度の設立に向けて現在準備を進めております。
 このたび、受給者及び待期者の皆様に今後の対応についてご理解をいただくため、退職時加入されていた設立事業所の選択肢に応じ、下記のとおり「受給者・待期者の皆様へ」のご案内を発送いたしました。
 「受給者・待期者の皆様へ」のご案内では、基金解散まで数ヵ月余りあるため、基金解散時の分配金額はお知らせすることが出来ませんでしたことをご了承ください。
 なお、受給者からの問合せに、当基金の電話が繋がりづらい状況となっております事をお詫びいたします。
 詳細は下記のPDFをご参照ください。

 解散と同時に分配金を持ち込んで、新たに設立する後継制度「日本工作機械関連工業企業年金基金」(仮称)への移行を、
希望される事業所様の受給者及び待期者
希望されない事業所様の受給者及び待期者

平成28年2月24日
 基金だより第57号等でご案内のとおり、新制度に関する説明会を全国6ヵ所で開催し、後継制度のご案内と加入事業所の選択肢に応じた提出書類等について説明いたしました。
 詳細は 下記の説明会資料をご参照ください。
後継制度のご案内
厚生年金基金の解散に伴う手続きについて
~加入事業所の選択肢に応じた提出書類等~
必要書類作成要領
後継制度および残余財産の取り扱いにかかる意向確認書 
(提出期限:平成28年3月末)
分配金持込み同意書一覧
新DB制度加入関係書類一覧
労使合意に至るまでの経緯

平成27年11月13日
 将来期間の代行部分に係る支給義務の停止(将来返上)について、平成27年11月1日付認可されました。認可日以後は事業主が支払う代行部分掛金の納付先が基金から国に戻ることとなります。詳細は保険料と掛金(PDF)を参照ください。

平成27年10月30日
 当基金ではご案内のとおり、さまざまな加入事業所のニーズを踏まえ、新年金制度設立を前提に基金を一旦解散し、新たな総合型DB(確定給付企業年金)の設立を目指すことを、去る2月23日の第94回代議員会で議決いたしました。
 これを受けて、解散と将来返上に向けて同意書の取りまとめを行い、認可申請に必要な同意が得られましたので、第一段階として「将来返上」(認可日以降の厚生年金基金の代行給付を国に返上すること)の認可申請を行いました。
基金からのお知らせ No.100
 新年金制度につきましては、多様化する事業所に対応できるように、基金解散時の分配金を持ち込むことを基本とし(分配金持込方式)、自由度の高い給付設計で、掛金水準(全額事業所負担)も適正な水準まで引き下げることも可能な制度といたします。設立準備委員会で制度設計の詳細を検討し、12月までに確定します。
 新制度のご説明、ご加入手続き等につきましては、別途ご案内いたします。

平成27年6月18日
【重要】事業主の皆様へ
最近、コンサルタント会社から「厚生年金基金の解散支援」との内容で事業所へ資料を送り付け、契約を迫る行為が発生しています。当基金はかかる業者とは一切関係ありませんのでお知らせします。

パスワードについて
「基金からのお知らせ No.97」以降の閲覧につきましては、パスワードが必要となります。
事業所勤務の方は、会社のご担当者に送付しております「基金からのお知らせ」最終頁に記載してあります。
年金受給者及び受給待期者の方は、昨秋郵送いたしました葉書「基金ホームページについて・当基金の今後の方針について」に記載してあります。
ご不明の方は、会社のご担当者または、当基金へお尋ね下さい。

基金からのお知らせ バックナンバー
基金からのお知らせ No.99
「代行返上」実施に向けた事業所アンケート集計結果について   をご覧下さい。
基金だより 第56号
基金からのお知らせ No.98
基金からのお知らせ No.97

受給者の皆さまへ
受給者の皆さまからお問い合わせの多い、年金のお受け取りや源泉徴収・現況ご確認等につきまして、三菱UFJ信託銀行のホームページに掲載されている「企業年金に関するお手続き:よくあるご質問(受給者さま向け)」をご案内いたします。ぜひ、ご活用ください。
三菱UFJ信託銀行ホームページ
 
  
日本工作機械関連工業厚生年金基金
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館内
TEL 03-3434-2755  FAX 03-3434-5356
 

Copyright 2013(C) present Japan Machine Tool Industry Pension Fund. All Rights reseved.